CSR行動規準

 一般社団法人中部地域づくり協会は、基本理念において、「地域のみなさまから信頼され挑戦し続ける組織」であることを「目指すべき姿」と位置付け、これを実現し、更なる地域貢献を果たすために「行動指針」を掲げて、社会資本の整備・管理や防災対策等に関する公益事業、収益事業に取り組んでいるところです。この「行動指針」を具現化するにあたっては、「社会的要請への対応」を常に意識し、より広い見識と責任感の中で捉え、社会の期待に応えていくことが大切であり、ここに「CSR行動規準」を定めます。また、これらの指針・規準に基づく行動をとおしSDGsの達成に貢献してまいります。
 ※ CSR( Corporate Social Responsibility)

【基本的な考え方】

1.コンプライアンスの徹底等
  法令を遵守することはもとより、企業倫理を徹底し、公正で透明性の高い事業活動を行います。
2.品質管理の徹底
  顧客の皆様に満足いただけるよう、品質管理を徹底します。
3.情報の管理と開示
  事業活動にあたり知り得た情報は適正に管理するとともに、事業活動に関する情報は適切に開示します。
4.人間の尊重と職場環境の確保
  人権を尊重し、一人ひとりの能力が発揮できる安全で働きやすい職場環境を確保します。
5.公益事業の活動と社会貢献
  社会資本の整備・管理や防災対策等に寄与する公益事業を積極的に実施することにより、地域社会に貢献します。
6.環境との調和・保全活動の推進
  環境負荷の抑制に努めるとともに、環境保全に関する意識を高め、行動します。
7.違反に対する厳正な措置
  本規準に反するような違反行為に対しては厳正に措置します。

【具体の行動規準】

1.コンプライアンスの徹底等について
(1)コンプライアンスの徹底
 ①事業活動に関する法令、規則等を厳格に遵守します。
 ②公共の利益や地域社会の要請に応える当協会の一員として、常に良識ある行動に努めます。
(2)公正な取引等
 ①公正、透明、自由な競争を尊重し公正な取引を行います。
 ②政治、行政との癒着というような誤解を招く行動は厳に慎み、健全で正常な関係を維持します。
 ③法令、社会倫理に反しての利益提供を行いません。また、利益供与を受けません。
(3)反社会的行為への関与の禁止
 ①不当要求等の反社会的行為については、毅然とした態度で組織的に対応します。
 ②反社会的な勢力あるいは組織に関して、情報収集や講習会等の受講などにより知識の向上を図るとともに、関係機関と連携のうえ組織的に対応します。
(4)知的財産の尊重と活用
 ①知的財産権に関する法令を遵守し、特許権、著作権、商標権などの権利を侵害しません。
 ②当協会に帰属する知的財産権を保護し、事業に活用します。

2.品質管理の徹底について
(1)顧客の皆様の期待・ニーズに応える品質管理を徹底します。
(2)長年培ってきた経験と技術力を活用し、顧客満足度の更なる向上を図ります。
(3)顧客の皆様からの意見、要望等の把握に努め、当協会内の情報共有を進めるとともに、早期是正を図ります。

3.情報の管理と開示について
(1)業務上知り得た個人や企業に関する情報は、適正な管理を行い、情報漏洩などの防止を図ります。
(2)個人情報を取得する際には、利用目的を明確にし、適法かつ公正な手段によって取得し、利用目的の範囲内で利用します。
(3)事業活動に関する情報は、適切に開示します。

4.人間の尊重と職場環境の確保について
(1)基本的人権や人格を尊重し、性別、年齢、国籍、人種、信条、宗教、社会的身分、障害等に関する差別は行いません。
(2)セクシャルハラスメント、パワーハラスメントなど精神的・身体的苦痛を感じる嫌がらせ行為をはじめ、就業規則等に定められた禁止事項やその精神に反するような不誠実な行為は行いません。
(3)個人のプライバシーを尊重し、情報は適正に管理します。
(4)労働安全衛生法等を遵守し、健康管理に関する取組みを充実させるとともに、安全で働きやすい職場環境を確保します。
(5)各部門間の連携、情報の共有化を図り、一人ひとりの能力が発揮できる環境づくりを推進します。

5.公益事業の活動と社会貢献について
(1)社会資本の整備・管理や防災対策等に寄与する公益事業を積極的に実施するとともに、当協会独自の調査研究を推進します。
(2)一人ひとりが地域社会の一員であることを認識し、長年培ってきた経験と技術力を活かして、地域づくり、環境づくり、防災活動など地域社会活動への参加・協力、支援を積極的に行います。

6.環境との調和・保全活動の推進について
(1)事業活動にあたっては、環境に関する法令を遵守し、環境の保全を重視します。
(2)公益事業、収益事業を通じて、安全で災害に強く、持続可能な社会の構築等といった社会課題に取り組みます。

7.違反に対する厳正な措置について
(1)法令違反や本規準に反するような事態が生じた場合には、速やかに事実調査、原因究明を行い、対応方針、再発防止策をとりまとめ徹底するとともに、違反行為に対しては厳正に措置します。

 

令和4年3月1日         
一般社団法人 中部地域づくり協会

pageup