東海(恵南)豪雨豪雨20年の取り組み

 2000年(平成12年)9月、東海地方を猛烈な集中豪雨が襲い、甚大な被害が発生しました。
 中でも名古屋市の浸水被害は甚大で、人口・資産・インフラが集中する「都市を襲う災害」への対策の重要性を再確認させた水害となりました。

1.浸水疑似体験映像の制作

 もし、東海豪雨よりもはるかに上回る大雨が迫ってきたとしたら、あなたは安全で迅速な避難行動がとれるでしょうか。

 浸水疑似体験映像は、大雨特別警報の発表や避難勧告の発令にもかかわらず、避難をためらったことにより、逃げ遅れる家族のストーリーです。

 あなたは避難をするとき、特別警報を待っていませんか?



※ 映像を含む当ホームページの内容について、無断転載等を行うことを固く禁じます。

2.近年の豪雨災害記録集・2019 特集●東海(恵南)豪雨から20年

 東海(恵南)豪雨や近年の豪雨災害(令和元年東日本台風等)について、被害の状況などをとりまとめ、掲載しています。

お問い合わせ

〒467-0856
名古屋市瑞穂区新開町21番10号(CCKみずほ)
(一社)中部地域づくり協会 地域づくり技術研究所
電話番号:052-871-9380 / ファックス番号:052-871-9382

pageup